読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Koto Blog

好きなもの(京都サンガ、写真、マンガ、音楽など)を好きなときに好きなだけ書くブログです。

C大阪の監督解任と浦和ペトロビッチ監督のコメントから見るサンガ

対岸の火事ではないなと思ったので、他所のチームのことですけどサンガの事を含めて考えたいことだったのであえて書くことにしました。

 

今日、C大阪が監督とコーチの解任を発表しました。その理由には今年の補強と保有選手を見ての成績はもちろんのことだが、一貫性を欠いた采配と選手批判と言われているようです。

J1の試合はサンガと重ならない限り、面白そうなカードを見たりするんですが、基本的には関西のチームを優先的に見ていて、今年のC大阪は去年までと比べるとなぁとは思ってました。(まぁ、他人ごとですけど・・・)

詳しく見てないので勝手な感想ですけど、C大阪フォルラン獲得や代表クラスの選手が移籍せずに残った事を考えると、C大阪の今年にかける思い、目標は明確で、その描いた絵に対して理想と現実の乖離があり、また修復不能と判断したということだと思うんですが、そういう観点からは時期も含めて的確な判断ではないかと思います。あとで悪くなるかどうかは、解任が原因ではなく後任人事を失敗したということだと思うので、あくまでも解任ということ自体は会社のスタンスとして評価できるのではないかと思います。

J2優勝とか、勝ち点100とか、得点100とか、全然目標から乖離した状態で我慢しろというチームと比べると非常にストイックで、気持ちのいい判断に思います。 

 

そして、前節の浦和の監督のコメント。浦和の監督のコメントは、結構確信をついていて且つ、相手チームに対する内容も辛辣になるケースが多く、対戦時にはコメントを読むのが嫌な監督でしたが、今回に限って言うと、相手チームではなく、相手チームの監督のやり方に対してのコメントがあり、なるほどなと思いました。

 

浦和の監督の言うことをサンガに置き換えてみると、大木体制で築いたスタイルを次の監督が昇華させるべきであり、バドゥのやっていることは大木体制1年目と何ら変わらない。自由という聞こえのいい言葉に騙されて、なんの戦術もないように思う。攻撃的に見える浦和のサッカーでも守備で抑えるべきところが明確になっているのに、サンガは攻撃も守備もあやふやなのかなぁと。

 

祖母井さんに一言言いたい。新監督に期待したのは、サンガスタイルの中で大木さんでは詰め切れなかった部分を補うための戦術だったんじゃないのかと。

 

監督を変えることは、よく「劇薬」と言われるが、それはあくまでも下位で争っている場合だと思う。いまのサンガには、チームの目標や状態を的確に見極めて、監督の理想とするスタイルや哲学がサンガにふさわしいと考えられる人事をすることが本当に大事だ何じゃないかと。

 

サンガは、アグレッシブな守備とパスで相手ゴールに迫るというのがスタイルだと思う。大木さんはその中で効率よくサッカーが出来るのが密集地でのショートパスだっただけ。大木体制でうまく行かなかった部分のやり方を変えて、アグレッシブな守備とパスで相手ゴールに迫る事を信条とする、そういう監督を希望します。

 

では。