読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Koto Blog

好きなもの(京都サンガ、写真、マンガ、音楽など)を好きなときに好きなだけ書くブログです。

新監督の人選についての希望とか

サンガの新監督について熊本戦の内容や結果を踏まえて「どうなるんやろう」とここ2、3日妄想を巡らせています。

 

その矢先にまさかのジェフ監督解任がきましたね。ジェフは世代交代を行っているように見えたし、今年は昇格を狙いつつもサイド攻撃主体のサッカーを確立させる年と位置づけてるのかなと思ってたので少し意表をつかれました。タイミング的にもなんとなく突発的にサンガに触発されて・・・なんて思ってみたりして・・・。明日会社のジェフサポさんに聞いてみます。

 

まぁ、よそのチームを心配している場合ではなくってサンガの監督のことですが、熊本戦の内容、結果は新監督の人選のキーになるように思いました。

 

森下監督代行は、将来の監督、第2の「森保」ってことで、新監督のもとでサンガのサッカーを自分なりにイメージする時間や経験を積む時間を与えて欲しいと思います。もし、そういう中長期的なスタッフ、コーチ育成ができるのであれば、総入れ替えはなくてもいいかなと思い始めてます。手のひらを返したようなコメントで恥ずかしい限りですが。

 

熊本戦をみて、やっぱりサンガはパスをつないで攻める、アグレッシブに守備をするは基本路線と言うか、それが「サンガのサッカー」の特徴だと言えるんちゃうかなーと思います。その特徴に密集して攻守を一体化させたのが大木サンガサッカーで、その大木サンガサッカーではうまく行かなかったところを修正してくれるのが次の◯◯サンガサッカーになると思います。で、将来、森岡サンガとか森下サンガがあってもいいとは思います。

 

ただ、基本は忘れてはいけない。今こそ何が「サンガのサッカー」なのかを示して、それに沿って人選すべきです。時間はないけど中途半端は嫌です。ジェフも監督人事に参戦しますし、今の状況だと富山あたりも雲行きが怪しい。

他のチームに遅れを取らないように、体を動かして、GMの直感と経験を信じて、ベストな監督を招聘していただきたいです。

 

祖母井さん、たのんまっせ。

 

では。