読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Koto Blog

好きなもの(京都サンガ、写真、マンガ、音楽など)を好きなときに好きなだけ書くブログです。

京都サンガ 1/13の状況を見て

契約情報をもとに適当に並べてみました。フォーメーションは2011年の神戸が4-4-2っぽかったのでそれをベースに。まぁホンマに適当ですが・・・。

  <GK>
杉本大地
山田元気
清水圭介
 
<SB>
下畠翔吾
石櫃洋祐
斎藤隆成
★内田恭兵
<CB>
田森大己
菅沼駿哉
(磐瀬剛)
<CB>
バヤリッツァ
山口智
<SB>
黄大城
福村貴幸
★國領一平
(内田恭兵)
<MF>
伊藤優汰
★大西勇輝
(田村亮介)
<MF>
磐瀬剛
★和田篤紀
金南一
<MF>
中山博貴
原川力
★永島悠史
★黄辰成
(石田雅俊)
<MF>
駒井善成
山瀬功治
(奥川雅也)
  <FW>
有田光希
三根和起
大黒将志
<FW>
石田雅俊
田村亮
宮吉拓実
★奥川雅也
ロビーニョ
 

★・・・新加入

(名前)・・・複数ポジション

 

こうやって見ると、やはりCBがかなり不安材料。なぜ高橋を出した?と言わざるをえない感じ。世の中にはペアプログラミングってものがあって、これはプログラムをペアで交代しながら作るんですが、サボれない等のチェック的な効果の他に、良いプログラムを見ると成長できたり、プログラミングの意欲が向上したりといっぱい効果があると言われてます。

今回の山口の獲得はまさに高橋を成長させる絶好のチャンスだと思っていました・・・なのに・・・。

また書こうと思ってる「GIANT KILLING」1巻のタツミのセリフじゃないですけど、いい指導者とかいい環境が選手を育てるってことがあると思うんです。試合に出ることが一番成長できると言われていますが、より成長を促進させるためにチーム内競争があるし、競争相手のレベルが高いと更に成長できるのでは?と思う。

 

各ポジションで若手・中堅・ベテランのバランスを考えて、よりチームが成長できる構成にして欲しいですね。

 

では。