読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Koto Blog

好きなもの(京都サンガ、写真、マンガ、音楽など)を好きなときに好きなだけ書くブログです。

2015年J2第7節 京都vs長崎ー大敗ー

京都 1 - 4 長崎

得点者:有田

 

通常、敗戦にも何かしら得るものがあるんですが、得たものは「今年はJ2に残留する(J3に落ちない)ことが目標」と言うレベルのチームでしかない事がわかったという屈辱的なものでしかなかったですね。

 

問題が見えないくらいの重症ですが、去年と比べてマシだと思った監督が、やはり最初の懸念どおりのレベルだったということが一番の問題かも。

この試合で一番納得できなかったことは、精神的支柱である山口を外してしまったこと。で、誰がどう見ても敵から見てウィークポイントである大黒ー石櫃ラインをそのまま残したこと。メンバー選定基準がおーっと思わせるものもないし、「あー、やっぱりか」ってのしかないですね。

 

今年はわざわざ分析担当までいるのに、まさか自分のチームが分析できてないなんて、一番ダメでしょう。過去6試合ほとんどの失点はサイドバックからの単調なクロスを跳ね返されてピンチを招いいてるのに・・・。

 

また、コーチ陣も去年J2で結果の出せなかった監督&コーチということで、状態の悪い時に立ち直させる術を持ち合わせているとは思いにくいのも痛い。

 

ネガティブになっているつもりはないんですが、これほどまでにポジティブになれる要素のない状態もなかなか珍しいですね。

 

とりあえず、J1昇格とか夢物語ではなく、J2を1年楽しみたいなと思います。そのためにもしっかり応援したい。

 

最後に。

今でも変わらず社長の仕事には批判する気はなく、むしろ過去のどんぶり勘定な社長よりはるかに評価してますが、わかったことは「もってない」社長なんだろうなぁと思ってしまった。

これほどまでに結果が出せないと、あとは交代しかないと思います。ほんとに残念ですが、社長&監督は、「もってる」ことが重要だと重います。

 

では。